So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

カラーリーフ ゼラニウム [花・植物]

momijiba.JPGcolorleaf.JPG












 カラーリーフ ゼラニウム2種。
残念ながらもう花の時期は過ぎてしまいましたけれど、先月までは左のもみじ葉ゼラニウムには赤い花、右のゼラニウムにはピンクの花が咲いてました[かわいい]
葉を鑑賞するゼラニウムですが、花も可愛い[黒ハート]
寄せ植えなんかによく使われてますが、私は他の植物と混ぜないで単独の鉢で愛でる方が好きだなぁ。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ノボタン咲きました [花・植物]

nobotan.JPG 以前ブログにも書きましたけど、ノボタンブルーエンジェル、今月から咲き始めました!
まだまだ小さいので花が咲くのは来春かなぁと思ってたのに。
た~くさんの蕾をつけていて本当に花付きの良い花木です~[るんるん]

今までは気づかなかったけど、よそのお宅の庭にも結構この木があるんですね。
最近は花をたくさんつけているノボタンを良く見かけます。
しかも皆大きい!!
あんなに大きくなる木を小さなベジタブルポッドで育てて大丈夫か[exclamation&question]
いざとなったら実家の庭にこそっと植えてこよう[手(グー)](笑)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

honey fungus [花・植物]

 前回の記事に載せた英文の中で非常に気になった最後の一文の中の単語、honey fungus。fungusが「菌類」という意味なので何かのキノコなんだろうなと思いつつ色々検索してみました。
結果・・・honey fungusは「ナラタケ」のことみたいです。→Wikipedia ナラタケ
食用というところにちょっと惹かれましたが(笑)、植物にとっては悪影響のあるもののようです。
「地面が新しい場所を好んで繁殖する。」という一文に心当たりが!
うちにあるペチュニアのプランター2つにちょくちょくキノコが生えてたんですよ。新しい土なのに。
これで納得です。あやつらはナラタケだったんだな~[ひらめき]
食べれば良かった(爆)←いえ、冗談です[手(パー)]
RHS(英国王立園芸協会)にもアドバイスがあるのでご参考までに→RHS Gardening advice
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バラのコンパニオンプランツ [花・植物]

youngrose.JPG 先日種を蒔いたロサ キネンシスとは別にバラの苗が1本あります。
春に売り出された苗の売れ残りの半額処分品を先月買ったのですが、名札さえなく品種不明。どんな花が咲くのか咲いてからのお楽しみ~♪・・・なんてのんきなこと言ってる場合じゃありません[手(パー)]
売れ残りだからあまり状態が良くないだろうな~と覚悟はしていましたが、葉っぱがぽろぽろ落ちてしまって・・・黒点病かな?[がく~(落胆した顔)]
新芽がたくさん出てるから枯れることはないと思いますが、もしかしてこの子は手がかかる?と心配しております。

少しでもこのバラが元気に育つようにとコンパニオンプランツを探索中です。
前回の”Plants For A Future”のRosa chinensisの記事の中にもコンパニオンプランツのことが書かれてるのでそれも参考に♪
記事によると、バラにはアリウムパセリモクセイソウルピナスが良いんですって。ニンニクは病虫害から守ってくれる[ひらめき]
よっしゃ!バラの周りをうちにあるパセリで固めてあげよう[手(グー)]
逆にそばに植えてはいけないものはツゲですって[exclamation]
植物同士の相性の良い悪いがあるからちゃんと勉強しなくっちゃね。

Cultivation details
Succeeds in most soils, preferring a circumneutral soil and a sunny position. Grows well in heavy clay soils. Dislikes water-logged soils. Grows well with alliums, parsley, mignonette and lupins. Garlic planted nearby can help protect the plant from disease and insect predation. Grows badly with boxwood. This species is one of the parents of all the modern large, repeat-flowering roses grown in the world today. It is occasionally cultivated for speciality restaurants, there is at least one named variety. There are many named varieties selected for their ornamental value. The flowers are richly scented. Hybridizes freely with other members of this genus. Plants in this genus are notably susceptible to honey fungus.

(Copyright (C) Plants For A Future, 1996-2008)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バラの種蒔き [花・植物]

 昨日、ロサ キネンシス(Rosa chinensis) エンジェルウィングスの種を蒔きました。
ちゃんと育てたいなと思ってネット検索したんですが、バラに関する情報はネット上にたくさんあるのにロサ キネンシスひとつをターゲットにすると日本語サイトではなかなか情報がないんです。
やっとあるイギリスのサイト”Plants For A Future”でその記事を見つけましたが、ある重大な情報が!!
"Rose seed often takes two years to germinate."・・・芽が出るのに2年かかるですと[exclamation&question]
マジっすか?[がく~(落胆した顔)]
でも、多分これは自分で採取した種の場合だと思うので、お店で売ってる種は何らかの処理がしてあるものなんじゃないかと儚い期待をしておりますが・・・
ま、もし2年かかるんであっても芽が出てくれりゃそれでいいんですけどね!

以下は、”Plants For A Future”よりRosa chinensisの記事の一部です。

Propagation
Seed. Rose seed often takes two years to germinate. This is because it may need a warm spell of weather after a cold spell in order to mature the embryo and reduce the seedcoat. One possible way to reduce this time is to scarify the seed and then place it for 2 - 3 weeks in damp peat at a temperature of 27 - 32ーc (by which time the seed should have imbibed). It is then kept at 3ーc for the next 4 months by which time it should be starting to germinate. Alternatively, it is possible that seed harvested 'green' (when it is fully developed but before it has dried on the plant) and sown immediately will germinate in the late winter. This method has not as yet(1988) been fully tested. Seed sown as soon as it is ripe in a cold frame sometimes germinates in spring though it may take 18 months. Stored seed can be sown as early in the year as possible and stratified for 6 weeks at 5ーc. It may take 2 years to germinate. Prick out the seedlings into individual pots when they are large enough to handle. Plant out in the summer if the plants are more than 25cm tall, otherwise grow on in a cold frame for the winter and plant out in late spring. Cuttings of half-ripe wood with a heel, July in a shaded frame. Overwinter the plants in the frame and plant out in late spring. High percentage. Cuttings of mature wood of the current seasons growth. Select pencil thick shoots in early autumn that are about 20 - 25cm long and plant them in a sheltered position outdoors or in a cold frame. The cuttings can take 12 months to establish but a high percentage of them normally succeed. Division of suckers in the dormant season. Plant them out direct into their permanent positions. Layering. Takes 12 months.

(Copyright (C) Plants For A Future, 1996-2008)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

復活!!オールドローズ(インパチェンス) [花・植物]

 春から夏にかけてたくさん花を咲かせてくれた八重咲きインパチェンス カリフォルニアローズ フィエスタ
我が家にはオールドローズとアップルブロッサムが2株ずつあったんです。
酷暑を前に切り戻しをしたのですが、暑さに耐え切れずオールドロースの1株が枯死・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
b_inpa.JPG残る1株も瀕死の状態だったんですが、涼しくなったら復活しました[グッド(上向き矢印)]
しかもどんどん大きくなって、アップルブロッサム2株(写真右)よりも大きな株に[exclamation]

親株はオールドローズに負けちゃったアップルブロッサム。
でも切り戻しをした時にさし芽をしたんですけど、うまいこと芽が出て大きくなりました。よく見るとつぼみもついています。
b_shinme.JPG実はさし芽をしたのは今回初めてなんですけれど、意外とうまくいきましたね~。
来年は各色1株ずつ買って、さし芽で地道に株を増やしていこうかな?と密かにたくらんでいます(笑)


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ジャカランダ [花・植物]

 先日英会話に行った時、先生が面白い話をしてくれました。

ご存知の方も多いと思いますが、ジャカランダという花木は「熱帯の桜」と言われています(もちろん命名したのは日本人ですけど!)。
桜のように短い期間にいっせいに花を咲かせ、散っていくんですって。
桐の花のような形で、紫色なので、日本では別名「キリモドキ」って言うらしいんですけど、ジャカランダは世界三大花木のひとつですから、どちらかというと桐の方を「ジャカランダモドキ」って言うべきでは?という人もいるかもしれません(笑)。

先生はオーストラリア・クイーンズランドのご出身で、クイーンズランドにはたくさんジャカランダが植えられているそうなんですよ。花が散ると地面が紫色に染まってきれいだそうです。
オーストラリアではジャカランダの花が咲くのは12月。(夏だからね)
地元では"students tree"と言うそうです。なぜなら、花の時期が試験の時期と重なって、学生たちはジャカランダの花を見ると「勉強しなくっちゃ!」と焦るからだそうです。
日本では桜を見ると「花見だ!花見!」と浮かれるのに、なんだかとっても気の毒な・・・[ふらふら]
*ジャカランダの花の写真が結構載っててきれいです→Wikipedia "Jacaranda"

日本でも苗を売ってるけど、気候が違うので、花を咲かせるのはなかなか難しいらしいです。
熱帯・亜熱帯では葉が出るより先に花が咲くのに、日本では葉が茂っている状態で花が咲くからなかなかあの紫色に染まる光景は見られなさそう[バッド(下向き矢印)]
でも、道の駅「なんごう」(宮崎県)にジャカランダの森があるそうなんですよ!!
やった~!車で行けるじゃ~ん♪見に行ってみようかな~♪
・・・・・・ちょっと待て!違う!そう季節が違うのよ!日本じゃ12月になんて咲かないのよう・・・・・6月までおあずけかぁ・・・・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マリーゴールド [花・植物]

 猛暑の間花を休んでいたマリーゴールドが、涼しくなってからたくさん花を咲かせ始めました。
株もずいぶん大きくなっています。
写真では分かりませんが、実はオクラの間に植えてるんですよ。
マリーゴールドは土中のセンチュウを駆逐してくれるそうなので[パンチ]

でもそんなマリーゴールドでも葉っぱは虫に食われ放題[あせあせ(飛び散る汗)]
あまり薬は使いたくなかったんですけど、あまりの惨状に天然成分由来のソフトな殺虫剤をかけたら即効でした!
たまにはいいよね?

b_mari_yl.JPGb_mari_or.JPG

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

種を買っちゃいました [花・植物]

b_tane.JPG こらえ性がないというんでしょうか・・・

つい・・・

種を買ってしまいました[ふらふら]

だって・・・珍しかったんだも~ん(言い訳)

左から、
・アキレギア ブルガリス ”クレメンタインシリーズ サーモンローズ”
・アキレギア ブルガリス ”タワーシリーズ フォーミュラミックス”
・ロサ キネンシス ”エンジェルウィングス”
・ヒソップ オフィシナリス ”ネクターブルー”

もうなんのこっちゃ分からない名前ですが(笑)、「ええ、うちは無理に訳しません!訳しませんとも[手(グー)]」と開き直っているかのよう(爆)
そこで補足説明をいたしますと・・・
アキレギア(Aquilegia「オダマキ」のことで、ラテン語です。一般的な英名は、Columbine。ブルガリス(vulgaris)もラテン語で、「普通の、一般的な」、英語で言うとcommonとかusualとかいう意味です。
ロサ(RosaRose、言わずと知れた「バラ」です。キネンシス(chinensis)はChineseのことで、もちろん「中国の」。
ヒソップ(Hyssopus「ヒソップ」なんですけど、オフィシナリス(officinalis)がよくわかんなくて、「ハーブとして売られている」とか「薬用の」とか言う意味だと思います。

写真を見る限り、この2種のオダマキが豪華[ぴかぴか(新しい)]
ただ悲しいことに、サーモンソーズの方は種が4粒しか入ってません。発芽やその後の管理に失敗したらどうしよう?ってちょっと不安[がく~(落胆した顔)]
一番気になっているのは「中国のバラ」。これは野バラの一種です。
野バラとはいえバラを種から育てるなんてちょっと楽しみ[るんるん]
ヒソップはハーブの一種で、色々効能があるようですが、他に、キャベツと一緒に植えると蝶がやってくるのを防いだり、ブドウの木の下に植えると収穫量が増えたりするコンパニオンプランツだそうです。

さて、これらの種を扱っているのは、Life with Green 株式会社という所で、宿根草の種や苗を扱っている新しい会社のようですね。→HPはこちら
初めてこの会社の種を買ったのでまだなんとも言えないけど、いい種だといいな。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

千日紅(せんにちこう) [花・植物]

b_kongou.JPG 酷暑にもめげず花を咲かせてくれた面々。
この写真に写っているのは、千日紅(せんにちこう)、ブルーサルビア、トレニア
千日紅は小学校の時に植えたことがあったのですが、その時はもっと草丈が低かったですねぇ(今植えているのは50cmくらい)。
種類が違うのかな?
昔はあまり好きではなかったけれど、今回久~しぶりに植えてみて、なかなか風情があるし、名前の通りいつまでも花が枯れなくて重宝します。
うちの近所のDIYストアでも売ってましたけど、最近は、「ストロベリー・フィールズ」なんておっされ~な品種もあります。


b_sennitikou.JPG
 ちなみに、千日紅の英名はWikipediaによりますと、globe amaranth又はbachelor's button
欧米でもポピュラーな花なんでしょうかね?

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。