So-net無料ブログ作成
検索選択

種を買っちゃいました [花・植物]

b_tane.JPG こらえ性がないというんでしょうか・・・

つい・・・

種を買ってしまいました[ふらふら]

だって・・・珍しかったんだも~ん(言い訳)

左から、
・アキレギア ブルガリス ”クレメンタインシリーズ サーモンローズ”
・アキレギア ブルガリス ”タワーシリーズ フォーミュラミックス”
・ロサ キネンシス ”エンジェルウィングス”
・ヒソップ オフィシナリス ”ネクターブルー”

もうなんのこっちゃ分からない名前ですが(笑)、「ええ、うちは無理に訳しません!訳しませんとも[手(グー)]」と開き直っているかのよう(爆)
そこで補足説明をいたしますと・・・
アキレギア(Aquilegia「オダマキ」のことで、ラテン語です。一般的な英名は、Columbine。ブルガリス(vulgaris)もラテン語で、「普通の、一般的な」、英語で言うとcommonとかusualとかいう意味です。
ロサ(RosaRose、言わずと知れた「バラ」です。キネンシス(chinensis)はChineseのことで、もちろん「中国の」。
ヒソップ(Hyssopus「ヒソップ」なんですけど、オフィシナリス(officinalis)がよくわかんなくて、「ハーブとして売られている」とか「薬用の」とか言う意味だと思います。

写真を見る限り、この2種のオダマキが豪華[ぴかぴか(新しい)]
ただ悲しいことに、サーモンソーズの方は種が4粒しか入ってません。発芽やその後の管理に失敗したらどうしよう?ってちょっと不安[がく~(落胆した顔)]
一番気になっているのは「中国のバラ」。これは野バラの一種です。
野バラとはいえバラを種から育てるなんてちょっと楽しみ[るんるん]
ヒソップはハーブの一種で、色々効能があるようですが、他に、キャベツと一緒に植えると蝶がやってくるのを防いだり、ブドウの木の下に植えると収穫量が増えたりするコンパニオンプランツだそうです。

さて、これらの種を扱っているのは、Life with Green 株式会社という所で、宿根草の種や苗を扱っている新しい会社のようですね。→HPはこちら
初めてこの会社の種を買ったのでまだなんとも言えないけど、いい種だといいな。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。